« 2015年1月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年3月

2015年3月27日 (金)

暮しの手帖75号 春 2015

暮しの手帖75号にて、お仕事させていただきました。

 
Dsc_67413
 
「いま、こんなお弁当が人気です」という企画で、お弁当にまつわるお仕事をしました。
 
子供の頃、私が持って行っていたお弁当は、目玉焼きの形でした。
蓋が目玉焼きの形で、黄身の部分が更に小窓型に外れる蓋になっており、
身の方は、黄身の部分に当たるように、円形の仕切りがありました。
 説明がむずかしいくらい、今思えば変わったお弁当箱でした。
とってもかわいくて気に入っていましたが、汁は漏れるし、蓋の向きを間違えると、
黄身の部分の蓋が、身とずれる(正円形ではない)という、お品。
一体どこで買ったんでしょう、お母さん。
 
大人になっても、会社員の頃は、自分でお弁当を作っていて、今は、夫のお弁当を作っています。
そんなお弁当歴が長い私ですが、いまのお弁当は色々と変化していました。
まず、汁物が運べるようになっています。
水筒としてしかなかった魔法瓶が、浅く、口が広くなって、お弁当箱に進化しています。
スープジャーとして、保温力を生かした調理もできます。
「冷めても美味しいように。」と色々考えながら作っていたおかずも、
レンジがある環境であれば、材料だけを詰めて、出来立てアツアツが食べられるようになりました。
 
クッキングパパで出てきたおにぎらず、ご飯がお弁当箱になったような、
片手で持てるお弁当も、大人気です。
ゆっくり起きたい夫の朝ごはんは、近頃ずっとこれです。
 
そして、著書にもありますが、温かいスープさえあれば、おにぎり一つでも
なんだか満足できるように、お湯を注ぐだけで飲むことができる、手作りのスープの素も色々とあります。
 
そんな変化を説明しながら、合わせてレシピも紹介しています。
 
そして、「家庭料理のなるほど集」では、川津幸子先生が、ご家庭の定番料理をお伝えしています。
私も馴染みがある味のご紹介、どれも本当においしいものばかりですので、ぜひ作ってみてください。
 
私事ですが、先生と一緒の本でお仕事ができたこと、何より嬉しい記念となりました。
 
お見かけの際は、ぜひ、お手にとってご覧くださいませ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

オレンジページ4/2号

発売中のオレンジページで、「みんなの『余らせない』調味料使い」を担当いたしました。

 
Dsc_6740
冷蔵庫に余りがちな調味料の使い方を読者アンケートをもとに、ピックアップしてまとめました。
さすが、オレペ読者、あっぱれ技がたくさんありました。
私の使い方も紹介したこの企画、冷蔵庫に使いかけ調味料が眠っている方は、必見です。
 
お見かけの際は、ぜひお手にとってご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味噌仕込み

talk with "miso".

 
「寒仕込み」が良いとされる、味噌作り。
2月に仕込もう、忘れぬよう、大豆は見えるところに置いておいたのですが、
自宅撮影の度に、狭い我が家は、いろいろと片付ける必要があり、大豆はまた見えぬところへ。
 
まあ、言い訳ですが。
 
桜の開花宣言を聞き、今年のお味噌を慌てて仕込みました。
Miso01_2Miso02
私の場合、果実酒やジャム同様、味噌も少量仕込みです。
今年は、400gの大豆で作ったので、出来上がりは2kg程度。
この量なら、圧力鍋で1回で大豆を煮えるので、手軽です。
潰す作業も、1/2量ずつ袋に入れて、瓶で潰せます。
 
今年は、乾燥でなく生麹にして、少し麹の量を増やしてみました。
潰した大豆と塩きり麹をしっかり合わせて、容器に詰め、
塩を入れた袋で重石をして、後は時間が美味しくしてくれます。
 
出来上がり量は少ないけれど、置き場も、手間も少しですみ、
仕上がりの喜びは同様です。
もったいぶって、「手前味噌ですが」と、人に恩着せがましく進める楽しみもあります。
普段なら待ち遠しい春ですが、今年は「もう少し寒い日よ、続いてください。」と祈っています。
 
Miso03_2
我が家の味噌容器。
どこかへ出かけた際、その土地のお味噌を見つけては、買って帰ります。
それを昆布で仕切って、容器に詰めています。
その時の気分に合わせて使ったり、いろいろブレンドしてみたりしています。
 
いろんなお味噌が食べてみたいので、手作りは少量でも十分なのでしょう。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年6月 »