日記・コラム・つぶやき

2015年9月 8日 (火)

夏の終わりのカレー

talk with "curry".

 
暑くて溶けそうな日が続いたかと思うと、あっという間に秋めいてきた日々。
風にのってきた金木犀の香りで「ああ、秋が来た」と思いました。
 
そんな中の週末の出来事。
「夏が終わるなー。カレーが食べたいなー。」という家人の要望に応えるべく、カレーを作りました。
私の性格を知っているので、「いいよ。作ろうか。」と言ったら、
すかさず「ちゃんとレシピを見て作ってよ。」とのこと。
 
冷蔵庫整理をしようとしたのがバレたようで、「ちっ」と舌打ちしながら、パラパラと先日のオレンジページをめくる。
Dsc_7197_2
少し前の仕事で、オレンジページでカレー特集のお仕事をしました。
(最近告知が滞っており、申し訳ないです。。)
 
チキンカレーに、ドライカレー、クリーミーなエビカレーからエスニックなマッサマンカレー、
そして王道の欧風ビーフカレーと勢揃いの特集。
フレーク状のカレールウが人気の中、カレーパウダーのように使えて、
カレーパウダーより包容力がある(味をまとめてくれる)ルウを上手に使って、
手軽だけど本格的な味に仕上げてくれる。
そんなページでした。
 
この企画の試作中は、家中カレーの香りで、外に出ても自分がスパイスくさい気がして、
「インドの人ってこんな感じなのかしら。」と思う日々。
 
そんなことを思い出しながら、チキンカレーを作りました。
Dsc_7356
こっそり、残り野菜を素揚げにしてトッピング。
揚げていれば文句が出ないだろう、と思ったら、本当に出なかった。
 
仕事柄、当たり前だけれど、新しいレシピの料理を作ることが多い日々。
そんな中で、選ばれてリクエストを受ける料理は、なんだか嬉しいものでした。
本当は、欧風カレーをリクエストされたのだけど、牛肉が冷凍になく、チキンにしたので、
今度はそちらを作ろうかな。
 
なんてことのない週末ランチの話でした。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

謹賀新年

新年、明けましておめでとうございます。

 
Photo
 
実のりある一年となるよう、日々精進して参ります。
 
私のレシピが、料理を始めるきっかけになれるような、
そんな「楽しい」と思えるお料理を伝えて行きたいです。
「楽しい」とは、
肩肘張らずにシンプルで日常作れるものであったり、
シンプルゆえに応用が想像しやすい料理であったり、
ちょっと頑張って、誰かのために作ってあげたい料理であったり。
こんなものがこんな簡単に作れるの、と思うものであったり。
 
自分が日常で得た料理のコツや、目的を持って研究したコツ、
そういう部分を一つでも多く伝えることができるよう、
日々を丁寧に過ごしながら、邁進して参ります。
 
そんな誓いを立てた、年初めでした。
今年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

撮影が終わったら。

とある仕事で、GW明けの4日間、撮影漬けでした。

 
料理数も100品となかなかのボリュームだったため、撮影後の冷蔵庫は、半端に残ったお野菜やお肉がいっぱいです。
 
おつかれー、なんていいながら、ぱーっと飲みにでも出かけたいところですが、そんなことをしていたら食材たちの美味しいときがすぎてしまうので、ぐっとこらえて、ざくざくまぜまぜ料理をつくります。
Dsc_2311
いろんな葉っぱのチキンサラダに、スモークサーモンのティップ、野菜のポタージュ。
 
Yoru_2
大好きな辛めの麻婆豆腐にあさりの酒蒸し、青菜の煮浸し、マグロの胡麻醤油づけ。
 
Asa
厚揚げのちくわ煮に、色々刺身の山椒煮。ご飯がすすむ。
 
Dsc_2321
野菜のトマトスープに、もやしとツナのカレー煮。
 
ちょっと和洋折衷にはなりますが、、食材ありきのこしらえものですので良しとします。
 
冷凍できるものは冷凍したり、朝のお供に常備菜を作ったり。
いかに捨てずに使い切るか、考えるのも楽しいです。
 
冷蔵庫がすっきりして初めて、「ああ、終わった。」という気持ちになります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

ゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィークは、天気が良くて心地よい。

去年の今頃は、フランスだったなー、と思って、現実逃避のように写真を眺めてしまいました。
Dsc_1047Dsc_1045
Dsc_1067Dsc_1070
Dsc_1136Dsc_1105
 
今年も行きたいなー、と思っていたのですが、諸事情によりこの時期は断念しました。
どこかで時間がとれれば、計画したいと、密かに時期を狙っています。
 
今年のゴールデンウィークは、休み明けの撮影にむけて、いろいろ準備したり、少しゆっくりしたり。
Dsc_2279
 
そんな中、近所の大好きなインドカレー屋さんに行ったら、注文したモモ(ネパールの餃子のようなもの。)がなんとも言えないかわいさで、思わず写真をとってしまった。
 
さあ、おいしいモモも食べたし、もうひと踏ん張り、がんばろう。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

ギリシャに行きたい

とある仕事が入り、ギリシャ料理の勉強をしております。

Girisya2Girisya

学生のころ、アルバイトのお金は全部海外旅行につぎ込んでいました。

ギリシャは、そんなころ、行きたいなー、と思っていた国の一つ。

結局、未だに行くことができていないのだけど、今回、勉強していたら行って見たくなりました。

時間とお金の都合により、いつ実現するかわからないけど、とりあえず食の知識は詰め込んでおこうと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

池田理子 桜展-春を待つころ- オープニング

桜が待ち遠しいこの季節。

少し前のお話ですが、神楽坂で一足先の桜を愛でながらお酒を飲むためのお料理を作りました。

Sakura

そんな素敵な桜を描いたのは、日本画家の池田理子さん。

場所は、神楽坂にあるアユミギャラリーという戦後に建てられた素敵な建物でした。

毎年毎年、南から北へ、ここの村のこの桜がいい!、この子は樹齢○歳だから、、といいながらその時見初めた桜を描き続けて10年、そんな惚れられた桜たちばかりの飾られた個展でした。

池さんらしく、やさしく清らかに描かれた絵は、観ている人を自然体にしてくれるようでした。

Ike

Wrap_2
ラップサンドのブーケ。
中は、ルッコラとサラミとアボカド、レモングリルチキンとバジルの2種で、マスタードドレッシングをかけて。桜がなかったので、食べられる桃色のなでしこを添えました。

Tara
干し鱈のコロッケ。
ポルトガルワインを用意しているとのことだったので、ポルトガルに行ったときに食べたコロッケをアレンジして作りました。

 
Taruto_2
タルトタタン。
池さんが、毎年食べていた神楽坂のカトリーヌドゥメディチが残念なことに閉店したとのことで、デザートはこれに決めました。。紅玉も時期的に最後かな。

もうじき、本物の桜の季節になり、また今年も池さんは、お目当ての桜を追いかけて北上することでしょう。。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

最近の朝ごはん

以前、食べようびで朝ごはんの取材を受けたことがあります。

私がまだスタジオに勤めていたころで、朝のあわただしい時間、どういう朝ごはんを食べてすごしているか、というところを撮っていただきました。

そのときは、お弁当を作りつつ大小二つのおむすびを握って、大きいほうは夫、小さいほうは私の分で、彼はそれをラップに包んで会社へ持っていって食べ、私は朝の準備をしながら食べるという流れでした。

独立し、自宅で作業をすることも多くなった今、少し朝ごはんの流れも変わってきました。

だんだん年もとってきたし(笑)、もう少し栄養バランスの良い朝ごはんを食べたいね、と。

本当は、二人ともあと30分早く起きて、ゆとりを持って食べるのが望ましいのでしょうが、二人揃ってがんばるのは少々難しく、短時間でいかに多くの品目をとれるか、と考えて、最近は、専ら太巻きとなっています。

Makumae
Maitaato

太巻き、面倒そうにみえるかもしれませんが、お弁当を作るときに余る卵焼きや、青菜をゆでたもの、常備菜を白ご飯で巻いているだけなので、お弁当を並行して作ることができます。

私の起床時間はそのまま、夫の起床時間は、家で食べてもらうようにしたため、ちょっとだけ早くなりました。

お昼のお弁当とちょっと中味がかぶりますが、海苔に巻くかどうかでお味も変わるので(私は海苔が大好物なんです。。)、栄養バランスもいいし、手軽に食べられるし、と思って、夫には我慢してもらっています。

この太巻きと温かいお茶をささっと食べてもらって、お弁当渡して、毎朝送り出しております。

朝ごはん、私はこんな感じでそのときの生活や体調で変化しています。

小さかったころは、あまり胃腸が強くなかったので、水分を取るとおなかを壊すと思い込んでいて、朝のお味噌汁もフルーツも断固として食べませんでした。ご飯とちょっとしたおかずと温かい麦茶を飲んで、ビオフェルミンを飲んで、学校へ行っていました。

ただ、今も昔も、朝ごはんを食べないという選択肢はなかったように思います。

フルーツでもヨーグルトでも、何かしら口にしてから外出することが慣習になっています。

体のため、というより、何か不安で、力が出ない気がするので。

食べないとどうか、人によってリズムは異なると思いますが、私は朝食べることでエンジンをかけます。

胃腸が強くなった今、週末はゆっくりとお味噌汁やみかんも、お腹を心配することなく食べることができていて、幸せです(笑)。(なんとなく撮影のある日は、汁物を避けてしまうのは、過去のトラウマでしょうか・・・。)

何はともあれ、おいしい平日の太巻き、もうしばらく続きそうです。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

2013年、本年もよろしくお願いいたします。

新しい年が始まりました。

ご挨拶が遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。

今年はもっとブログの更新を・・・、という言葉を新年になると良く見かけますが、私もそんなふうに思う気持ち半分、これまで通りでも、、なんて新年早々ゆるい気持ち半分でこのブログを続けて行きたいと思います。

IwaiszakanaAsakusa_2   

今年もまめに働き、心身ともに健康に暮らせますように。

お仕事も心機一転、がんばって参ります。

実りある一年になるよう、一歩ずつしっかりと歩んで参ります。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

今年の終わりに。

クリスマスのケーキを焼き、お正月の準備を少しずつ始め、

今年一年の締めくくりの日々を過ごしています。

SyutorenHana2
Syutoren2Fruts 

クリスマスは、去年のクリスマスに準備したドライフルーツの洋酒漬けでシュトーレンを焼き、
早速来年用のドライフルーツの仕込をしました。

私の大好きなドライフラワーをちょっと添えてラッピングしてみました。

Hana_2

今年一年、あっという間に過ぎた気がするけれど、本当に色々な方々にお世話になった年でした。

来年は、そんな方々に恩返しできるような一年になるよう、頑張って参りたいと思います。

振り返ると、「あーしておけば・・・」なんて思うこともたくさんありますが、、
そのときの思いを忘れずに、来年は、もっといいアウトプットができるよう頑張ります。

それでは、良いお年をお過ごしください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

日々の食事を大切に。

「1日3食×365日≒1000回

80歳まで生きた場合、人は人生で8万回の食事をとることになります。

多いようで、限りある食事。

一回一回を大切にするような食事をして過ごして生きたいわね」

そんな素敵な言葉を私に言ってくれたのは、フードコーディネーターの学校で
知り合った、素敵な女性でした。

彼女は、大原照子先生のアシスタントを経て、フリーのフードコーディネーター
として、活躍していました。

私は、体をつくる源は食事ですから、体も心も満たすような食事をつくれる
「きっかけ」を、一人でも多くの人に伝えていければ、と思っています。

せっかく時間を使うなら、料理を作る工程も「作業」ではなく、愉しく感じられるような。

そんな気持ちで作ったお料理は、きっと食べてくれる人も幸せにしてくれます。

そんな思いで、フードコーディネーターの学校に入った私は、
彼女と意気投合し、一緒に卒業制作を作ったりする中で、いろんなことを話し合い、
今の私に大きく影響を与えてくれました。

「食育なんて、親がちゃんとお料理していれば、自然と子供は学んでいるのよ。」

二人のお子さんがいらっしゃる彼女は、そんなことも言っていました。

ふたまわり年上だったので、友達のような、先輩のような、母のような、
不思議な関係でしたが、よく一緒に飲んでは、色んな思い出を作ったものです。

彼女の訃報をきき、フランスから一緒に飲もうと買ってきたワインを手に、
自宅に伺いました。

「お母さんに感謝しているのは、正しい味覚や食の知識を育ててくれた事。
子供の頃からおやつといえば、煮干やするめ。母と一緒に飲むようになっても、
話題といえば、食材や調味料の話ばかり。当たり前のようで、なかなかできる
ことじゃないから、自分の子供にも伝えていかなきゃなー。」

すごく素敵な思いを、息子さんが語ってくれました。

色んな思いが駆け巡り、色んな彼女の言葉や思い出が甦ってきて、
考えさせられました。

もう一度、一緒に酔っ払いたかったです。

心から、ご冥福をお祈りいたします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧