ごはんもの

2013年1月23日 (水)

最近の朝ごはん

以前、食べようびで朝ごはんの取材を受けたことがあります。

私がまだスタジオに勤めていたころで、朝のあわただしい時間、どういう朝ごはんを食べてすごしているか、というところを撮っていただきました。

そのときは、お弁当を作りつつ大小二つのおむすびを握って、大きいほうは夫、小さいほうは私の分で、彼はそれをラップに包んで会社へ持っていって食べ、私は朝の準備をしながら食べるという流れでした。

独立し、自宅で作業をすることも多くなった今、少し朝ごはんの流れも変わってきました。

だんだん年もとってきたし(笑)、もう少し栄養バランスの良い朝ごはんを食べたいね、と。

本当は、二人ともあと30分早く起きて、ゆとりを持って食べるのが望ましいのでしょうが、二人揃ってがんばるのは少々難しく、短時間でいかに多くの品目をとれるか、と考えて、最近は、専ら太巻きとなっています。

Makumae
Maitaato

太巻き、面倒そうにみえるかもしれませんが、お弁当を作るときに余る卵焼きや、青菜をゆでたもの、常備菜を白ご飯で巻いているだけなので、お弁当を並行して作ることができます。

私の起床時間はそのまま、夫の起床時間は、家で食べてもらうようにしたため、ちょっとだけ早くなりました。

お昼のお弁当とちょっと中味がかぶりますが、海苔に巻くかどうかでお味も変わるので(私は海苔が大好物なんです。。)、栄養バランスもいいし、手軽に食べられるし、と思って、夫には我慢してもらっています。

この太巻きと温かいお茶をささっと食べてもらって、お弁当渡して、毎朝送り出しております。

朝ごはん、私はこんな感じでそのときの生活や体調で変化しています。

小さかったころは、あまり胃腸が強くなかったので、水分を取るとおなかを壊すと思い込んでいて、朝のお味噌汁もフルーツも断固として食べませんでした。ご飯とちょっとしたおかずと温かい麦茶を飲んで、ビオフェルミンを飲んで、学校へ行っていました。

ただ、今も昔も、朝ごはんを食べないという選択肢はなかったように思います。

フルーツでもヨーグルトでも、何かしら口にしてから外出することが慣習になっています。

体のため、というより、何か不安で、力が出ない気がするので。

食べないとどうか、人によってリズムは異なると思いますが、私は朝食べることでエンジンをかけます。

胃腸が強くなった今、週末はゆっくりとお味噌汁やみかんも、お腹を心配することなく食べることができていて、幸せです(笑)。(なんとなく撮影のある日は、汁物を避けてしまうのは、過去のトラウマでしょうか・・・。)

何はともあれ、おいしい平日の太巻き、もうしばらく続きそうです。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

とうもろこしごはん

とうもろこしが大好きです。

あの甘さ、あの香り、あの食感。
手でぽりぽりむしりながら、いつまででも食べていられます。
ご飯の代わりでもいいくらい(笑)。

そんな私にとって、うれしい季節がやってきました。

スーパーで売られているとうもろこしも、だいぶ価格が下がってきました。
旬をむかえたサインです。

本当は、適当に切って、蒸すか塩茹でしたものが私は好きなのですが、
ぽりぽりむしるのを、億劫がる人が我が家には一人いるので、
今日は、とうもろこしごはんにしました。

Gohan

これは、夫のお母さんが教えてくれた食べ方です。

さすが、息子の傾向を知ってるだけあって、これなら夫も喜びます。

とうもろこしを、「ごはん」にしたいくらい好きな私にとっても、一石二鳥、
「ごはん」になっちゃいました。

ごはんを炊いているそばから、ほんわかと、とうもろこしの香りの湯気が
立ち昇り、「早く食べたい!」という思いから、夕食を作る手際も良くなりました(笑)。

 

○とうもろこしごはん(直径20cmの鍋で炊く分量)
【材料】
・とうもろこし 1本
・お米 2.5合
・水 435cc
・酒 大さじ1
・塩 小さじ2/3
・昆布 2×5cm 1枚

【作り方】
1.お米は、炊く20分前に砥いで、ざるにあげておく。
とうもろこしは、実を包丁で削り取る。
2.鍋にお米、水、酒、塩を入れ、さっとまぜたら、昆布、とうもろこしを入れ、ふたをする。
Nabe
強火で火にかけ、ふたの隙間から蒸気が漏れはじめたら、弱火にして、15分炊く。
火を止めたら、ふたを開けずに、10分蒸らして、蒸らし終えたら、底から返すように混ぜる。

 

おいしく炊けました。
知らず知らずのうちに食べ過ぎたのか、ちょっぴりお腹が苦しいです。

  

今朝のおやつかごの様子。
今週は、冷蔵庫に失敗したマカロンがあったので、週も終わりだというのに、
マフィンの売れ行きが悪いです。
本当は、マカロンは人にあげる予定でした。失敗=夫のおやつ、ということは内緒です。

Oyatsu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

栗ごはん。

 talk with "KURI".

 「朝、目が覚めたら秋になっていた・・」というくらい一気に秋らしくなりました。

 先日、またもやふるさと大分に帰っておりました。

Inaho

 

収穫どきの稲穂がゆっさゆっさとゆれております。

 

 

 

 

 最近田舎に帰る機会が多いせいか、これまでよりも季節が変わる喜びを感じる事が多い気がします。「田舎で育って良かったなぁ。」と、しみじみ思います。

Kuri 毎年、秋になると実家から栗が送られてきて、栗ごはんを炊くのが私の楽しみの一つでした。

 その栗の木が、残念な事に切られてしまったとのことで、近所の直売所で購入しました。

 小粒ながらも、つやつやな栗たち。

 

 

 せっかくだから、実家で栗ごはんを炊いて、家族にふるまおう、、東京に帰る当日の朝から栗剥きを始めました。

 忘れてました。

 栗を剥くのって、とっても時間がかかることを・・・。

 ああ、そういえば、毎年、週末に半日くらいかけて、送られてきた大量の栗をせっせと剥いていたんだった。手を痛くしながら・・。

 しかし、今更後に引けず、東京への飛行機の出発時間との戦いで栗を剥き、なんとか栗ごはんが炊けました。「小粒」は、油断大敵でした。見た目の量より数が多い。

Kurigohan_takiagariKurigohan

 

【作り方】ごはん3合分

1.栗はよく洗い、ひたひたの水から茹でる。沸騰後、10分くらいで火を止め、水にとる。※水につけたままのほうが、皮がやわらかいまま剥けるし、適度に温度が下がって剥きやすい。

2.米をとぎ、塩小さじ1と水3カップ弱をいれざっと混ぜ、だし昆布3cm角と栗(好みの量)を加えて普通に炊く。※栗の味を楽しみたいので、だしはほんのりきかせる程度がよいです。

 

 相変わらず手が痛くなりましたが、「すっごくおいしい!」という言葉をきけたので、「来年もがんばろう。」と思う単純な私です。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)