アウトドア

2010年11月 4日 (木)

秋のキャンプ

talk with "camp".

年に1度、大学時代の友人とキャンプをします。

いい年齢だけど、少年のような心を忘れない大人達のキャンプなので、人様にご迷惑のかからぬよう、キャンプ場の空いている秋に行います。
秋のキャンプは、空いているのも魅力的ですが、夏のように暑すぎないため、日中もとても過ごしやすくて快適です。

今年は、ちょっと前の話になりますが、9月の3連休に、総勢12名で、長野県川上村に行ってきました。

キャンプ場に行く途中で、丸山珈琲に立ち寄り、「秋の夜長を愉しむ珈琲」を購入し、今回はピザマイスターになりきる予定だったので、ピザの材料を揃えて向かいました。

毎年1泊2日という日程なのですが、今年は初めて2泊3日にし、中日があったため、丸一日ゆっくりとした時間をすごすことができました。

朝は、なんとなく起きた人から、焚き火を燃やし、挽きたて豆の珈琲を入れて飲む。

みんなでおにぎりとキノコ汁の朝食をとったら、その後自由に、ハイキング(もどき?)をしたり、アスレチックで遊んだり。
男性陣は、川にもぐって(もちろん、あがってきたら、寒さで震えておりました。)魚をとったり。岩魚が2匹とれました。

大自然の中で、明るいうちからビールを飲み、日が沈み始めて夕ごはんの支度を開始する。

たわいもない話で一晩中盛り上がれるのも、このメンバーならではです。

Piza_3Onigiri_3Niku_3 

こんな素敵な時間を、これから先もずっと変わらぬメンバー&新しい仲間で過ごせていけたら、と思います。

それはそうと、川上村のキャンプ場(ふれあいの森)では、キャビン1棟とテント2張を立てたのですが、テントサイトのすぐ横に熊の罠がありました。

そのときは、「朝になったら、誰か罠にかかってたりして(笑)」なんて笑い飛ばしていたけど、最近の熊出没ニュースをみて、今更ながら、背筋の冷える思いです。

皆、無事でよかった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)